「頑張る!」とか「頑張れ!」って言葉は好きですか?

私には、必死とか頑なとか疲弊する印象があり、あまり好きではありません。

でも、それに代わる言葉がわからないので、つい、

頑張れ!とか頑張るよ!なんて使っています。

文章で表現するときには、「顔晴れ!」がありますけどね。

ここで、ハンドスキャンヒーリング(hsh)のひろぴ~先生からの昨日のメルマガを紹介させてください。

===============

こんにちは!

「ハンドスキャンヒーリング 」

創始者

福本 浩仁(ひろぴ~)です。

===============

“頑張れ!” と “出来るぞ!”

今日はこれを検証してみたいと思います。

「ガンバレ、ガ~ンバレ、
ガンバ~レ!!」

応援コールは、コレ!

テッパンになってますよね。

この声掛けをすることで、

例えばランナーは、より
アドレナリンを分泌して

交感神経マックス!

一時的にストレスに立ち向かおうとして元気が出ます。

が、、、

実は残念ながら、長期刺激
としては、身体や神経が
疲弊してしまい、

ある一定期間を過ぎるとダウンしてしまいます。

では

「出来る、出来る、出来る!」

と思ったり声掛けをした場合は、身体はどんな反応をするのか?

まず副交感神経が安定し、
ノルアドレナリンの分泌が
高まり、

自律神経のバランスはとても良くなります。

ノルアドレナリンはグリコーゲンをエネルギーに変えるだけでなく

脂肪代謝を促進させ、筋肉へのエネルギーを安定供給できるように働きます。

また、脳の活性化も起こるため、情緒も安定してきます。

そうです!

端的に言うと、

「自信がつく」

なんですね。

量子力学の立場から
見ていくと、
よりゼロ磁場(大元)に
近い方から
エネルギーの波がやってくるという感じですね。

ん?
ちょっと難しい?

ですよね。

ゼロ磁場から働くというのは、より素粒子レベルから変わっていくということです。

つまり、本質的なところから変化がおきる。

ハンドスキャンヒーリングの光情報はこのレベル(素粒子レベル)で行うので、

変化がとても短い時間で起こるんですね。

「自信がつく」のは
マインド(顕在意識)に言い聞かせているのではなく、

潜在意識に働きかけているので、安定的にパワーが出るわけです。

一方、

「ガンバレ」は

より
顕在意識的、
肉体レベル、
交感神経優位

に作用するので、
瞬発力には向くんですが
潜在的なパワーにはならないんですね。

毎日

「私は○○が出来る、出来る、出来る!」

と唱えましょう!

自信がついてきますよ(^^)

しかし
もし潜在意識のブロックが
強く

やはり「○○ができない」

となってしまう場合は
ヒーリングが必要なので、

深い
「出来ないトラウマ」

を外していきましょう!

==========================

2つの言葉が心とからだに及ぼす影響の違いはすごいですね。

自分を励ますときに使うといいですね!

人を応援する時も、特に子育て中のママさんとか、お子さんに対して、

「頑張れ!」よりも「出来るよ~!出来る、出来る」を使ってあげてほしいと思いました。

 

そして、

ずっと頑張る人生だった私が、

肩の荷を下ろして、自分はこんなにも荷物を背負ってきたんだと苦笑いしたり、

人って、自動的に、そのまんまで幸せになるようにできていたんだと気づき、

呆気に取られたり、感謝の気持ちが湧いたり、、、。

今、そんな風になってるのは、

「深いトラウマ」が外れたからなんだと納得してしまいました。

 

トラウマが外れる前だって、そんなに頑張らなくてもいいことは、頭でわかっていたのです。

でも、深いところで、自分が楽して幸せになることを許可してなかった感じがするのですよね。

許してないから、つい頑張ってしまう。

 

誰でも幸せになりたい、でも、自分が許可していないなんて。

 

子育てでも、旦那さんに対してでも、お仕事に対してでも、、、

いつも一生懸命頑張ってるのにどうも上手くいかない。

頑張ってるのに上手くいかなかったら楽しくないし、自信も持てない。

それが、深いトラウマのせいだったとしたら、、、、、

もう、外すしかないですよね(^^♪

 

※写真は昨日の満月です。川に映った月がきれいでした♡