インナーチャイルドという言葉を聞いたことありますか?

インナーチャイルドとは、文字通り「内なる子ども」のことです。大人になっても、傷ついたまま、癒やしを待ち続けている内なる子どもです。

子育て中のお母さんは、自分のインナーチャイルドが、特に顔を出してきます。

私がそれを経験した時、私のインナーチャイルドはすごく怒っていました!

「私のことをもっとわかって。大切に扱って!」

「もっと泣きたかった!甘えたかった!」

って。

お母さんがそんなチャイルドを抱えながら、目の前の我が子の泣き声や甘えを、何の曇りもなく受け止められるでしょうか?

私は無理だと思っています。というか、無理でした(*_*;

『子どもにイライラして、自分の感情をぶつけてしまいます…』

『怒らないようにしたいのに、ひどく怒ってしまって…。子どもの成長が心配です。』

そんなご相談が多くあります。自分も同じことを思ったから、その気持ち、すごくわかります。

そのように相談され、何とかしたい、子どもには優しいお母さんでありたい、そう悩んでいらっしゃる時点で、素敵なお母さんだと私は思っています。

子どもにイライラしたくないのにイライラしてしまうのは、お母さんのインナーチャイルドが癒やされていないから。お母さんのせいではないからねーと伝えます。

インナーチャイルドは、潜在意識の奥深くに閉じ込められ、時には、魂にキズがついてしまうほど傷つき、フリーズしていることがあります。

そんなチャイルドを癒やし、安心してもらうには、顕在意識レベルのカウンセリングだけでは、なかなか難しいです。

癒やせたとしても、すごく時間がかかります。

目の前のお子さんは日々成長していきます。毎日がかけがえのないものです。

ママの癒やしがある程度進むまで、大切なお子さんを待たせ続けることはできれば避けたいですよね。

それで、当サロンでは、カウンセリングと平行し、エネルギーワーク(hsh)を取り入れています。

hshはスピーディーかつパワフルに潜在意識や魂のレベルに作用します。

ママのインナーチャイルドが癒やされる毎に、ママは「本当の自分」に近づいて、元気になります!感情で子どもを叱ることも無くなってきます。

クリアな目で我が子を見ることができるので、たっぷり甘えさせてあげながら、いけない時はいけない!と叱ってあげられるようになります。

我が子との心の繋がりが太くなって、子育てが楽しくなります‼

次回は、なぜ子育て中に、ママのインナーチャイルドが特に顔を出してくるのか、私の経験をもとに書きたいと思います。

今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました(^O^)/